Anko (株)食品機械有限
  • パラーター、パラーター
  • Lachaパラーター、Lacha
  • パラーター、パラーター、Lachaパラーター、Lacha

パラーターは、ヘビーデューティ耐久性を持つマシンを作ります

パラーターマシンの経験30年

パラーター、設計さパラーター、Lacha作るマシンは期待を超えます

点在セクション:
点在現在のページ:ヘビーデューティ耐久性パラーター製造機

食いの心を獲得するために設計Lachaパラーター製造機

DATTA FOOD 」parottaの製造に関与の高い労働コストの問題がによって解決されたANKOの自動パラーター製造機」。 2007年には、のいずれかのANKOの古いクライアント、 Sri Lankan-Canadian任意の成功なしに、すなわち機械を作るパラーター、米国からのいくつかのパラーター機メーカーと協議した後、インド、カナダ- 、新しいマシンを調達するために台湾に来ました。 (パラーターは、一般的な層状の平坦でハンインド南部の。これは、北インドパラーターと混同されるべきではない。パラーターもパラーター呼び出すことができます。)

ANKO 30年以上の経験を持つ台湾の食品製造機械の製造会社です。 それらは、またためねぎ行う際に、そのノウハウのトータルソリューションを国外エスニック食品機械の製造に特化されているのでケーキラッパー機( LP-3000LAP-2200 ) DATTA FOOD連絡するよう奨励されたANKOそのparotta /パラーター機用。

LAP-2200 - Lacha Paratha & Green Scallion Pie Production Line生地シートコンベアシートをカットシートの上に振りかけグリーンねぎ水を加えます手でパイを形成します
  • パラーター、パラーター、Lachaパラーター、Lacha
  • パラーター、パラーター、Lachaパラーター、Lacha
  • パラーター、パラーター、Lachaパラーター、Lacha
Parathas(パラーター) - 多くのインド人の家族のメインディッシュ

Parathas(パラーター)は、多くのインド人の家族のメインディッシュであり、彼らは、プレーンな多層または混合成分を詰めすることができます。 ねぎと比較ケーキラッパー、parottasは通常、最初に揚げ、彼らはインドのカレーソースにディップしやすいとなるように、多層parottasを作成するために、ゆっくり殴られ、手で軽く引き伸ばされ、生地のレシピ異なっているだけではなく。 経験豊かな料理人が複数の層を有する三から百0.88ミリメートルparottasを作るためには、約1作業時間を必要とします。 したがって、 DATTA FOOD lachaのパラーター製造機を使用して自動生産のための必要性は明らかでした。

DATTA FOOD parotta製造機のための期待は非常に高かったです。 これは、ヘビーデューティー耐久性を持つことが必要であり、同時にparottas「テクスチャは手作りのものと類似していることが必要 - フレーク状や多層、parottaマシンを設計することの難しさを増加させます。 達成するためDATTA FOODの目標を、 ANKO parotta製造機の開発を開始しました。 半年後に、 ANKOのチームは、ソフトベルトを使用して複数の層を折るためのソリューションを開発しました。 テストの後、 DATTA FOOD毎時1400 parottas(125グラムごと) -特にその改善された生産能力に関して、テスト結果と喜んでいました。 おかげDATTA FOOD 、その継続的な調達が証明ANKOのparotta機の品質を。 その結果、 ANKOの高品質parotta製造機が正常にインド、Pakistainとスリランカを含む様々な地域で市場に参入しました。

Lachaパラーター生産ラインの設計

Lachaパラーター生産ライン設計:プレス、シート、ストレッチ、スプレー、ほこりは、手動により、ロールを裏返し

製品カテゴリ


お問い合わせを送信
今すぐお問い合わせ
READY-eSUPPORT
ヘルプライブ 、単に"ライブヘルプデスク"をクリックして、私たちの専門家は、まもなくオンラインあなたとすること。
シェア

関連商品を探します


English | Nederlands | ไทย | 日本語 | Dansk | Română | Deutsch | Русский | Việt | العربية | Español | Türkçe | česky | हिन्दी | Português | Ελληνικά | Filipino | Indonesia | Italiano | Français | українська | Polska | فارسی | 한국어 | Close